NANNCHATTENARSEMIMIの日記

母親としてまた娘としてそしてナースとして、、また一人の人間として様々なことを呟きます。

ナースの職場の見つけ方~求人を探す

ナースのマニアックなお話

・求人を探す

ナースの職場は病院、クリニック、産業看護師、老人ホーム、検診車など様々あります

 

そんな職場の求人をどんな方法で探すか?

職業安定所だったり看護協会だったり看護師の求人を斡旋する業者も多くあります

そんな中で求人サイトなどで自分の希望を伝えても

いざ就職してみると条件が違ったり

特徴が違ったりすることも多くあります

 

そこをどう調べるか?です

気になる病院があるとすると

まずその病院をインターネットで検索し病院のホームページを開きます

求人の申し込みフォーマットをホームページ内に作成している病院も多くあります

求人があればどんな業務の求人があるのか

夜勤あり日勤のみ訪問看護パート勤務の有無などをチェックしておきます

また病院の様々な内容を情報収集します(履歴書の記入、職務経歴書の記入にも役立ちます)

 

www.nsmimiwww.com

 

最近は求人サイトと提携している病院が多いためか給料面の詳細が記載していないことも多いです

病院の情報を得たら求人サイトなどを閲覧します

最近では求人サイトに登録しなければ詳細を閲覧できないことも多いですが

その場合は登録し興味のある病院の情報を問い合わせます

 

問い合わせると求人サイトの担当者が気になる情報だけでなく、条件に合うだろう情報をメールやペーパーで提供してくれます

 

この情報提供を依頼しても必ずそこに就職しなくてはならないという事ではないので考えすぎなくて良いです

 

また、求人サイトで情報を得た後、病院のホームページで再度状況を確認すると病院の内容が把握しやすいです

ここまで調べ、、

・面接、就業

病院としては求人サイトを経由して面接の希望をされるより

求職者が直接、ホームページから申し込んでくれた方が負担が少ないです

(斡旋業者が斡旋し就業した場合は病院は斡旋業者に報酬を支払わなければなりません)

そこを自分がどう考えるか?です

ある病院(私が過去に勤務した病院)は斡旋業者に年間2000万円の支払いが必要とのことでした

そのことを知った私は

自分が売られている?

と感じて不快感を感じました

それからは自力で調べ就職をしています

 

報酬が発生している=商売

 

必ずしも自分のことを真剣に考え斡旋してくれているのではなく

求人サイトは斡旋することが商売であることも頭においておく必要があるという事です

 

中には真剣に考えてくれる方もおられると考えますが

自分自身が選ぶことや求めることは他人では解らないという事も意識しつつ

例えば求人サイトの担当者に病院と交渉してもらえる事項があれば

それはメリットに繋がると考え利用し

 

求人サイトから情報を得ながら

自分で交渉や面接の日時設定を設定できるのであれば求人サイトは使用せずに動く方が良いと考えられます

考え方の問題です

 

また求人サイトで就職した場合

半年勤務すれば病院から求人サイトへの報酬が支払われるというようなルールがあります

そのため一年後に退職を申し出ると

病院としては支払った報酬が無駄になる、、、

ということで自分自身と病院とのトラブルに繋がることもあります

お金を支払ったんだから辞められたら困る、、

という感じになります

 

合わないと感じたら早々(3か月以内?)に退職するとトラブル防止になります

 

・転職を考えるなら早めの行動

勤務していると動きがとりづらいですが

次の就労先を探し情報収集し面接の日時を決め

面接し就職するまで

時間を要します

 

退職を促す訳ではないですが

日頃からどんなところにどんな病院があり

どんなシステムで

どんな評判なのか?

また自分にとって都合が良いのか?など常にアンテナを張っておくと良いと思います

 

夜勤専従のアルバイトは病院、有料老人ホームなどは常に募集があったりします

つなぎの勤務先として利用するのも手段の一つだと思います