NANNCHATTENARSEMIMIの日記

母親としてまた娘としてそしてナースとして、、また一人の人間として様々なことを呟きます。

男女平等について思う事

日本に於いての男女平等

男女平等と聞く度に違和感を感じる

どちらかと言えば男女同権だと納得がいく

 

男女関係なく権利はある

権利と平等は違う

 

人は皆同じ?

権利を主張しながら義務を果たさない人も多い

自分を棚にあげて客観的に思う

 

生物学的な意味では人間でありながらも女性と男性は違う

また、特に日本人は男女平等と言いながら

家庭内に於いて女性がどれだけ主体的に経済的な負担を負っているか。。

所得が女性が多いとしても女性は転職も気楽ではないか?

ひと月、所得がなくても男性に比べ気楽で男性に養われていないか?

例え、男性が転職・失業し一時的に女性が家計を担っても

常時女性が家計を担うというそういう意識ではなく

女性はいつかは男性に担ってもらおうと考えているのではないか

 

そんな日本人の潜在的な意識がある状況で男女平等というのは違和感がある

 

平等というからには

社会的な活動

家庭内の負担

精神的な負担

様々な状況や条件が同じである必要があると思う

 

私は離婚を経験し一人で家庭を担い

家族を担う精神的負担・重圧を感じた

自分が潰れれば家族全体が潰れてしまう状況は恐怖しかない

どんなことがあっても自分が大黒柱として立っている必要がある

 

辛かろうが悲しかろうが自分にかかっている

 

家庭内に於いて

女性がそこまでの重圧を感じているとは考えにくい

女性は男性に守られている

 

我儘を言い

ああだこうだと言いながらこうしたいああしたいと言う

一家の大黒柱になれば

そんな次元ではない

自分のああしたいこうしたいではなく

 

家庭内の生活全般のバランスを考える

 

実際に自分のああしたいこうしたいを主張すれば家庭の安定はなく破綻する

 

確かに一見

同じように働き

同じように生活するけれど

潜在的な考え方は

男女同じではない

男女平等

同じように働くのだから貴方も家事をしてよ!

と言うのであれば

貴女も一生働き続けて。。

と思う

 

そして

私は女性としてのプライドに於いて

男性に家事を求めない

 

私は女性だから女性としての役割に責任を持ちたい

 

そして男性として生きる子供たちに男性としての役割を教えたい

 

相手に役割以上のことを求めず

自分の役割を全うすればきっとうまくいくから。。