NANNCHATTENARSEMIMIの日記

母親としてまた娘としてそしてナースとして、、また一人の人間として様々なことを呟きます。

私のばかばかっ。。性格は変わりません

私は仕事好きなのか?

 

ちょっとした用事があり前にアルバイトしていた介護施設の介護主任さんへ会いに行きました

 

この主任さんの娘さん

浪費が激しくて、、と悩んでいました

以前、そんなお話をよく聞いていました

実は沢山いるんです子供さんが浪費して困る。。

という方。。

子供の借金を親が支払うんですけど

支払っても支払ってもきりがありません

親が支払うことで問題は先延ばしになります

解決できないんですね。。

当然、借りれば返す必要はありますが親の余力もどんどんなくなり心身共に疲れてしまいます

お金の問題、様々でしょうが

出来るだけ早いうちからお金は誰からも解決してもらえないことを覚えさせた方が良いと思います

私が子供の頃、エリートのお父さんを持つ後輩がいました

そのお父さんはある時横領で逮捕されました

後輩のお兄さんが浪費しお父さんが支払い、、を繰り返し

お父さんがお金に困り横領したということでした

 

例えば、若いうちにブラックリストにあがり、親が介入しなければ親も余力をキープできます

7年~10年後また借金が出来るようになったとき、その子供さんがどんな生活をしているかということはわかりませんが

安易にお金が借りれないことを経験していけば家族が崩壊することはありません

借金する人は繰り返すので親であってもお金を貸してはいけません

 

これはあくまでも浪費での借金のことですね

 

と、、心配な人は結構います

子供さんがそんな状態でいながら

自分も生活が苦しいと言いながら旅行や外食がやめられない人。。

 

どうして?と思いますが、その人はそんな人であって

私にはわかりませんし、周囲にはどうすることもできません

 

普通だったら、計算すればわかるはずです

自分の収入がどの位だから支出はこれくらいまで。。と

それを計算しない、できない、考えない、ただ欲しい、ただ、、

結構いますね。。

 

それはどうしてなのか?と。。

脱線中です

 

私、、本業の病院勤務以外に介護施設や病院のアルバイトの掛け持ちを10年ほどやっていました

生活費ということよりも時間の使い方、また、自分の気持ちのコントロールの為だったり

メリットが沢山あったのですが

昨年、足の骨折を機にアルバイトを辞めました

沢山の職場を経験することは視野を広げてくれましたし

沢山の人との出会いがありました

そして今日、アルバイトをしていた時の主任さんに会ったのですが

はい

"(-""-)"

人が足りてないこと一目瞭然。。

見るとわかるんです

大体の介護施設では人が足りない現状ではありますが

お世話になった場所でもありますし

気持ちはあるわけで、、

そこで言ってしまいました。。

お手伝いできることがあったら言って下さい。。って。

ひゃーっ、私のばかばかっ"(-""-)"

です。

またやるのかぁ、、私。。

ただ、新型コロナウィルス感染の状況次第で時期は考えないといけないでしょうね

ひとつの職場で新型コロナウィルス感染者が出た場合、もうひとつの現場にも持ち込む可能性がありますから。。

 

新型コロナウィルス感染もですが高齢化社会も問題ですからね、、

頑張って貢献していきます(^^)/