NANNCHATTENARSEMIMIの日記

母親としてまた娘としてそしてナースとして、、また一人の人間として様々なことを呟きます。

重要なのは世の中の中の自分の生き方

人はひとりでは生きていけません

世の中はパンデミックとか経済の暴落とか

様々な情報が飛び交っています(私のブログもかなり、、ですが)

 

当然、情報を得ることは重要ですが

情報を得た自分は何のために情報を得ているのか、、

そんなことが私は重要だと考えています

 

確かに聴くだけ、、

という事も多くあります

その情報もいつか役立つことがあるかもしれません

ナースである私は

長年の習慣が私の習性になっています

私の良いところでも悪いところでもあります

 

その習性とは、、

常に解決策を見出そうとすること。。

(最近では時間が解決するという事も少しは覚えました(笑))

 

ナースは患者様の担当になると看護計画というものを立案します

患者様の疾患や体調を早く回復させるための計画です

ナースが何か看護をするから早く回復した、、とそんな烏滸がましいことではなく

患者様が早く回復するようなお手伝いをドクターの治療方針の元に看護計画を立案し

患者様の同意の元に実施していきます

 

脳血管疾患のように麻痺が残り長期にわたってリハビリが必要な疾患などでは短期目標、長期目標を念頭にいれて関わりします

ゴールをどこに設定するのか、、

エビデンスに基づいた考察やその人らしい生活に戻って頂きたく、、計画立案していきます

 

病棟内では常にそんなことを意識しながら

患者様がひとつクリアすれば次のステップを意識し

計画を変更するための考察

主治医に確認したりしながら

時期がきたら患者様とお話し

ご意向を確認し立案していきます

毎日毎日、その時々常に

どうすれば?と考えています

 

要は

問題が起きた時にどうしよう、、

と不安に考えるのではなく

問題点をピックアップし解決策を見出す訓練を数十年やってきたため

解決していくという習性ができました

 

私自身のことなら

それでOKですが

ある時期、子供のことについて戸惑いました(笑)

子供自身のことなので子供が解決しなければならない内容に

私が口出してしまうとか、、

そんな時は子供から怒られていました。何かあったら相談するから黙っててって(-_-メ)

 

こんな失敗談もありますが

患者様は家族ではないので踏み込むにしても限界があるのである意味ストッパーでもあります(笑)

 

こんな私の習性はやはり生き方に影響しています

 

世の中がざわついた時

私に及ぶことは、、、?

また、私に出来ることは?

 

そしてそれに伴って私はどう動けば良いのか?

どうすれば自分の心の安定が保てるのか?

問題点をあげ考え調べて動いてみます

 

そんなタイミングで調べると大抵良い情報が得られます

 

情けは人の為ならず

と言いますが

やはり、、

人の為に動くと自分が救われます

それが日頃の思いの延長線上にあり

日々の思考からの閃きから繋がるものであるなら

尚更励みます

 

そう。。

 

www.nsmimiwww.com

 

副業を再開しますが

この副業、、(いずれ3カ所の職場を掛け持ちすることになると思います)

私は精神疾患を持つ方が社会で安定した生活をするためのお手伝いがしたいと考えています

社会で生活する力を持っているのに生活する場がない現状

精神疾患があり保証人がなく住む場所の確保が困難だったり

ちょっとしたサポートがあれば自立した生活が送れるのに、、

 

患者様の力はきっと絶大。。

国は地域移行支援前提の診療報酬の改定といいながら

地域ではその意向に導けない状態にある

 

国が発信し

地域で定着するには当然時間は要するけれど

退院できる患者様が多くなれば医療費の削減は当然のこと、個人の生活の質の拡がり充実も大きいと考えます

 

パンデミックとか株だとか

私も考えることはあるけれど

やはりその中で日本、世界の中で自分がどう生きるか?が幸せの鍵のような気がします

 

情報を得て自分なりの分析をして計画、解決していく

備えあれば患いなし