NANNCHATTENARSEMIMIの日記

母親としてまた娘としてそしてナースとして、、また一人の人間として様々なことを呟きます。

ルイヴィトンの話題から純粋なころを思い出し(今も純粋?(´艸`*))

従順・慎み・勤勉・奉仕

従順・慎み・勤勉。奉仕

私の中学校、高校の時の校訓です

今は変わっているでしょうね。。

学校の中に修道院があるという特殊な学校でした

 

小学校の頃は土曜学校といって夕方からお寺でお経をあげたり

色々と教えを頂いてました

私自身が宗教に拘りがあるということではないですが

たまたま、、、(笑)

 

中学校、高校は女子校でとても厳しく交際も禁じられていて、、

そんな学校に行っていたので高校卒業し看護師になる為に世の中に出た時は

全く世間知らずで自分が通用せず悩んだこともあります

 

でもあの時も今も感じることはあの時は綺麗な世界にいました

 

修道院が学校内にあって

奉仕、自己犠牲の心を教えられ

 

「嫌なことはわたくしが喜んで」

という標語はずっと私の中にあります

他人が嫌がるようなことを自分が率先してやりなさいという教えです

 

自分の考えとその標語に食い違いがないから今でもそんな考えで動きます

 

それでも最近はそんな気持ち、心が通用しない?

世の中になってきていることを感じます

 

自分のことを認めて欲しいという事ではないです

自己犠牲が理解されないというのか

自分はやりたくないけど他人がやっていても嫌?

そんな風に感じているのだろうと感じることも多くあります

 

また人の自己犠牲を有り難いと感じることがなく利用する?

自分さえ良ければいい。。

 

嫌なことはやらない

やりたいことだけやる

 

そんな感じです

 

そんな世の中なのかわかりませんが

 

今日、ルイヴィトンが消毒用アルコールジェルを作り無償で提供するという話題を知りました

やはり伝統ある正しく動く企業は心があるのだと感じ嬉しくなりました

 

そして帰宅し、、

無償で子供たちにカレーを提するレストランのお話や

博多織の布製マスクを無償で提供しようとしているお話を聞いて嬉しくなりました

 

自分が何をしている訳ではなく自分を棚にあげていう訳ではありませんが

 

自己犠牲は大切な教えだと改めて感じました

みんながみんなの為に動くときっとみんなが心穏やかに過ごせるのではないかと考えます

 

このままではインフレ、、かな、、

人の動きがインフレ、デフレの状況を作るんですもんね。。

 

そんなことを考えた一日でした