NANNCHATTENARSEMIMIの日記

母親としてまた娘としてそしてナースとして、、また一人の人間として様々なことを呟きます。

今日の雨は特別で、、意味がある

雨が降って想う様々なこと

我が家のお庭の花木には人工的にお水は撒きません

花木の根が水分を求めて地面の下に下に根を延ばし根を張り強く生きていって欲しいからです

お庭の仲間入り後

数日経つとしょんぼりしていた葉っぱも少し元気になります

そしてその後じわじわと元気になっていきます

 

時々降る雨は頑張りながら生きている花木に

最高のプレゼントです

人にも例えることが出来ると思いながら

花木の気持ちを想像しています

自然は私が想像する以上に生きるために必死だとも考えます

 

f:id:NANNCHATTENARSEMIMI:20200326103721j:plain

ローズマリーもお花を咲かせています

 

f:id:NANNCHATTENARSEMIMI:20200326100605j:plain

テッセンももうすぐお花を咲かせてくれます

 

f:id:NANNCHATTENARSEMIMI:20200326101816j:plain


サルナシ(ベビーキウィ)の苗を昨年植えました

これから大きくなってくれると思います

薔薇も沢山の新芽をつけています

こんな事を想像すると

雨が降ること、自然がとても偉大であると感じます

 

またこの雨が空中に舞う新型コロナウィルスを含めた様々なものを洗い流してくれるような感じもして嬉しくなります

 

当然のようです人間に敵わない力を感じさせてくれます

 

そして、、

今日は夜勤明けでした

職場からの帰宅途中に主治医の所へ行ってきました

玄関前に貼り紙がされていました

新型コロナウィルスに配慮した貼り紙です

咳嗽や発熱、咽頭痛、倦怠感などの症状がある人は駐車場からお電話下さい

との内容です

私自身、軽い咳嗽があったので車の中からお電話してみました

ナースとお話した後、主治医につないでくださいました

電話での診療です

そしてナースが薬局へ依頼し

薬局から医院へ処方箋を取りに行ってくださって

お薬を作り、、

薬局から私へお薬が出来たとのお電話が入り

薬局の前まで車で行くと

薬剤師さんが車までお薬を持ってきてくださってお支払い

 

電話診療→医院から薬局へお電話→薬局が医院へ処方箋を取りに行き→薬局がお薬を作り→薬局から私へお電話→私が車で薬局まで移動→車の窓からお薬の受け取り・お支払い

 

主治医の所へ行くといつもこの医院と薬局との連携

医院の人たちと薬局の人たちの信頼関係が素晴らしいと感じます

 

特別な表立ったサービスはないですが

患者との信頼関係を重んじ安心感が得られます

 

主治医がご高齢でもありこの医院は今月いっぱいで閉院です

これからも相談に乗って下さるということではありますが

とても寂しいです

激しい雨の中

いつもの温かいお心を感じ

また沢山の方が閉院を惜しみ医院へ入っていきました

 

お薬にも愛情を感じます

(漢方)

 

全てに感謝します