NANNCHATTENARSEMIMIの日記

母親としてまた娘としてそしてナースとして、、また一人の人間として様々なことを呟きます。

挫折と成長そして因果応報、、生きる力

私の生活

最近、知人や友人から良くお電話を頂きます

「もう、ストレスたまるーっ」

だそうです(笑)

 

緊急事態宣言が発令され

また私達ナースはそれ以前から感染しないための動きをしていたため

結構な時間を自粛しているといえます

 

そんな環境で私自身は緊急事態宣言発令前と発令後の生活はさほど変化がなく

ストレスも溜まっていません

家事、育児をしながらお仕事をして

子供にお金がかかるようになると(理由は他にもありますが)本業以外にアルバイトもやりましたし

現在では家事、お仕事、アルバイト、投資のお勉強(独学)という生活で外出自粛宣言が発令された後も特別ストレスを感じることはありません

 

日頃の生活と何ら変わりがないからだと思います

 

実際に生きることに焦点をあててきたし

家族のことを守ることで精一杯だったので他のゆとりや娯楽を考えるゆとりがなかったことで耐性が出来ているのだと思います

 

子育て中に子供に何かあった時の心配は散々味わってきましたし

子供が独り立ちした今は

各々が生きる力をもち生きていくことが最大の喜びだと考えているので

各々が生きているだけで幸せだと思えます

 

お金持ちでなくても結婚しなくても生きてくれていたら充分幸せです

 

この新型コロナウィルスで生活が苦しくなったと言うので

そんな困った時は支援はしますが

基本的には挫折を繰り返しながら生きていくのが人間だと思うので苦しくても生きる、、

当たり前だしそんな力を訓練しながら身につけていって欲しいと願っています

 

ある時、子供の死を考えさせられたことがあります

人生最大の壁だと思いました

 

これ以上の壁は乗り越えることが出来ないと思い力がでませんでした

 

そして散々苦しみ考え思いました

子供の人生は子どものもの

親であっても子供の人生を背負う事はできません

どんな人生でも子供の人生を尊重しよう

と。。

そして生きていけないのであれば子供の力はそれだけのものだったと、、

それが子供の人生なのだと考えました

 

大切な命だけど

生きていく力は自分で養う必要があり自分で守る必要があります

子供が自分の手元にいるうちは親が見守れますが

親元から離れてしまうと難しい問題も多くあります

 

長男は子供の頃、水泳をしても空手をしてもサッカーをしても良い結果を出しました

サッカーではトレセンの選抜に選ばれ

某スポーツでは全国大会優勝するなどの経験をしました

挫折を知らなかった長男は大人になってから始めての挫折を経験しとても苦しみました

若い頃の挫折は買ってでもせよ

ということわざがありますね

もっと早く挫折を経験できていれば耐性もあったでしょうけれど。。

 

そして私の初めての挫折は37歳の時です

これがまたこんな年齢の初めての挫折だったので苦しみました。。

そして自分はこんなに苦しんで大変なことだと思っているけれど

宇宙から見た私は砂よりも小さく見えない程のちっぽけなもの。。

空を見上げて、、大したことじゃないんだ、、と思ったことを思い出しています

 

何とかなるんですね。。

一日一日踏ん張れば何とかなります

 

こんな現状も通り過ぎます

 

そしてこの経験は大きなステップになるはずです。。

 

 

 

そんなことを思いながら

毎年考えていた一年の目標を思い出しました

 

今年は色々あったから

来年は備える年にしよう。。

来年はステップアップの年にしよう