NANNCHATTENARSEMIMIの日記

母親としてまた娘としてそしてナースとして、、また一人の人間として様々なことを呟きます。

長崎生まれの長崎育ちだから。。

戦争、原爆のこと

長崎生まれの長崎育ちの私はこの時期になると戦争、原爆のことを考えます

18歳までしか長崎で生活していませんでしたが

小学校から高校まで毎年8月9日は原爆記念日という事で夏休み中の登校日でした

 

 

特に中学校と高校は被爆地の中心地近くにある学校に通った為

学校では様々な原爆のお話に触れました

11時2分には毎年黙祷を捧げましたし

記念式典に参加することもありました

 

ナースになってからは多くの人生の先輩から戦争のお話を伺いました

韓国から引き上げるときのお話や

戦争を経験したその時の気持ちや想い。。

お話を伺うと

どの方も怖いとは思わなかったし考えなかったと言われました

洗脳されてしまう人の心理を感じました

 

この世の中での考え方も今の考え方であり

その時の状況によって人の考え方が変化していくことを感じました

こんな事を感じながらマスメディアの情報発信の意図を考えてしまうことがあります

 

操作される人の心、操作される人の思考を考えます

じわじわと人の思想を変えてしまう毎日の情報発信。。

 

戦争はダメだ

戦争はいけないことだ

と言いながらいつの間にか戦争しなきゃいけない、、、

と誘導されてしまうかもしれない

自分に限って、、と思う方もおられるかもしれませんが

世の中の情報を鵜呑みにしてしまう方はご用心です

 

職場の勉強会で今は戦前か、戦後か

という問いがありました

私は戦前だと思いました

戦後が正しい、戦前が正しいという事ではなく

今をどう考えるかで今後に対しての考え方、危機感も変わるということだと考えます

日本という恵まれた国で治安も良い国で

最悪なことが起こり得ることを想定していないと無防備に操作されてしまう事も考えられます

一年に一回の原爆記念日終戦記念日

私は平和を願います